読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今月のテニ王感想〜

もう散々ツイッターで漏らしたから言いたいことは半分くらいしか無いだけど、書いちゃったよ〜 SQ見てないと多分何言ってるかわかんない純粋読者感想ブログです(2時に書いて真面目な内容になれるかな?) とりあえず今ね 世界大会やってて、大石くんと越知先輩vsギリシャのダブルス編をやってるんですね まぁ色々あって日本が有利になるんですけど、そしたらギリシャ側が国を背負って戦ってる責任から、日本の棄権負けを狙って大石くんに故意にボールを当てて、大石くんは二、三回転げて血だらけになって吹っ飛ぶシーンで前月号が終わって今月がその続きで、そして今月号でついに試合の決着が付くという奴なんですね。ちなみに前月号の私の情緒は結構ストームライダーでしたね 

 

 

先月号では中学生と高校生・日本国内と世界の覚悟の違いをまざまざと見せつけられてガガガになったけど、今月号では彼らも高校生なんだ〜…って気付かされて神〜!になったよ 新テニスの王子様の中での主なプレイヤーの最年長は高校三年生だけど、でもそれはテニスプレイヤー全体では若造も若造で、やっぱり青臭いところとか甘いところがある だからこそ勝利をもぎ取れるところとかが良いよね…いやすまんけどゼウスオモロイ ゼウス え?!何々?!?!になるよ〜バリヤバちゃん!?ショタジジイなの?(懐かし単語)

 

大石くん 負けるもんか!のコマで、当てられた方の目は腫れ上がってとても痛々しいんだけど、もう片方の目が続行以外見えていないほど強い目をしているんだよね…すごいよ〜許斐剛先生…大石秀一郎くんの強さを新たな切り口から描いてくださって、もう…毎日ヤバイですよ劣情が(劣情?!) 大石くん…格好良いな…私が大石くんの立場だったら怖いよ〜…ボールを故意的に当てられたらどんなに意志が強くても怖くて堪らないと思うのに…ほんとうにどんな悪意をぶつけられてもその悪意と正々堂々と戦う子なんだな〜と思いました…恐ろしいよね…投げかけた悪意を全てを何も言わずに受け止められるのは、悪意を返されるよりもずっと恐ろしいことなのかもしれないな〜…第2の精神の暗殺者〜…ヘラクレスくんにとって、あの時だけは越知先輩よりも大石くんの方が驚異的だったんだろうな…愚直(大石)なりの戦い方という編集さんの一文も相変わらず神でバリヤバちゃん!?だし…大石くんは日本の母なんだな〜… というか今回の試合は義で世界は獲れるかもしれないってちょっと可能性見せてくれたよね…すごい良い試合だったな〜…

試合終わった後に大石くんがヘラクレスさんにヘラヘラしてるのがもういっそ怖いよ〜 ヘラクレスさんに気を使って我慢してるとかじゃなくて、本当に大石くんは気にして無いんだろうな…大石くん…君のメンタル…かっこいいよ…大石くん…

 

そして僅かなコマなのに黄金の絆がこれでもかというほど表現されてて凄すぎてため息出ちゃうよ〜…汗と傷でベチョベチョの大石くんの手のひらと汗ひとつかいてない英二くんの手のひらのコマが印象的で…なんかすごく良いなぁと思った…黄金ペアはこんなもので挫けるほどの関係をとっくに超えていたんだなぁって思った…ダブルスではない2人は触れ合っていないけど、でも、やっぱり2人は黄金ペアで、格好良いよ〜黄金ペア…