途中ぼく石

春めく季節。必須だったマフラーもしまい込んで、上着も風になびく春物に。手袋の要らなくなった暖かい陽光の下、想いの通じた彼氏と彼女が桜のように赤くなりながら手を重ね微笑み合う。そんな物語の終わりに合わせて空いた窓から流れ込む小説と同じ春めいた風。桜の花びらが教室に舞う。味気のない茶の机にはらりと舞い落ちる桜は、ひとひらだけで平穏な日常を変えてしまう魅力を持っている。俺もいつか運命の扉を見つけて恋をして、そして今とは違うホントの気持ちで桜を見れるのだろうか。とても良い小説だった。今すぐ誰かと語り合いたいような、胸の中でこっそり秘めておきたいような、そんな初恋みたいな小説。英二に貸したら読んでくれるだろうか。ブックカバーをなぞる。もう一度最初から読もう。薄く触り心地の良いページを指の腹で捲る。物語を全て知って目の当たりにする目次は壮観だ。そんな目次を過ぎれば、主人公の少女が彼氏彼女の帰り道を一人歩く様子が描かれた一小節に出会う。少女は恋なんてまっぴらだと足早に歩いている。けれど、俺はそんな少女が彼と出会い恋に落ちる事を知ってしまっている。大丈夫さ、君の元に桃色便りはもうすぐ届く。なんて、少しお節介が過ぎるか。左端まで堪能して、また右上から物語を見守る。そして正面から聞こえてくる小説の登場人物ではなく俺の名前を呼ぶ声。珍しく部活の無い放課後。清掃は既に終わっていて、俺は誰も居ない教室で没入していた。ガラガラと音を立てる扉にも気付かなかったのだろうか。少し恥ずかしいな。
「ごめん」
「う、ううん、大丈夫……あ、あのね、あ…えっと…大石くんっ」
「うん」
彼は、クラスメイトのぼくくんだ。少しシャイな彼は、頬を染め指先をもじもじと動かしながら、絞り出すように言葉を紡ぐ。ああ、まるでこの小説の彼女が告白をするあのシーンみたいだ。
「す、す……」
「す」から始まる言葉、今は好きしか思い浮かばないなぁ。あ、数学かもしれない。それとも水曜日に何かあるのだろうか。水泳、スポーツ、スイカ割り…いずれにせよ「好き」は突飛すぎるな。
「好きです!」
「え」
突飛が胸を圧迫する。肺から漏れ出た声は実に情けのないものだった。ぼくくんに代わって、俺が言葉が紡げなくなる。いや、好きと言ってもクラスメイトとしてだという可能性は十分にある。頬を染めるのは早計だ。解っては居るのだが、どうしてだろう。ドキドキドキドキと、心臓がうるさい。真剣な眼差しのぼくくんの顔が見れない。これじゃあどっちが勇気を出して告白したのか分からない。
「もし、良かったら…ぼくと付き合ってください!」
「付き合う…」
ぼくくんの言葉を反芻する。小説の中で二人が行った水族館の情景も反芻する。幻想的で穏やかな水族館に、大好きな彼女と二人で…
「きっと大石くんは、ぼ、ぼくとじゃなくても幸せになれる…けど、ぼくは大石くんじゃなきゃ、大石くんが良いんだ!優しくて、格好良くて、え、笑顔の可愛い大石が…大石くんがぼくの青春の全てなんだ!」
「ぼくくん…」
恋に憧れきった俺の心に、ぼくくんの告白が火種となって、胸のどこかが燃え上がりはじめたのが分かった。考えさせて欲しい、ちょっと時間が欲しい。そんな事が紡げないほど、目の前のぼくくんが運命に思えた。俺の頭の中では、すでにぼくくんと水族館に行ってしまっている。隣り合って映画も観に行きたいし、プラネタリウムも行ってみたい。
「こんな俺で良ければ…」
そう紡いだ瞬間の、ぼくくんの見たこともないような嬉しそうな笑顔。本当に俺のことを好いてくれているんだ。そう実感せざるを得なくて、どうしよう。すごく嬉しくて、可愛く見えて、顔から火が出てしまいそうだ。
こうして俺は、恋に落ちた。机に載っていたはずの桜の花びらは、何処かへ行ってしまっていた。きっとあの花びらは、ぼくくんの想いそのものだったのだろう。なんて言うのはメルヘンチックすぎるって英二に馬鹿にされるかも。俺はとにかく初めての結ばれた恋に浮かれていた。ぼくくんの上履きの下、綺麗な色を踏みにじられている花びらなんて知らずに。

しかし、日常というのは案外変わらないものだ。俺は部活や委員会で放課後はほとんど埋められているし、今までと変わった事といえば図書室でぼくくんと並んで勉強をするくらいだった。それでも俺は楽しかった。帰ってからぼくくんと電話をするんだと考えるだけで、部活も勉強もいつもの何倍もやる気が漲った。恋人と言うよりは今までより更に仲の良い友達になれたという感じだが、それでも嬉しかった。けれど、付き合ってからはじめての予定の無い休日がもうすぐやってくる。俺はやっぱり水族館に行きたい。でも、どこでも良い。きっとどこでも楽しいに決まっているからだ。隣で数式を解くぼくくんをちらりと伺う。解き終わったら話しかけよう。
「ぼくくん、今週末なんだけど…も、もし良かったら遊ばないか?」
「う、うん…!遊ぼう!やったぁ!ついに…」
ほっと胸を下ろす。こんな些細な提案だけでこんなにドキドキするのだから、告白してくれたぼくくんは一体どれだけ心臓に負担をかけて伝えてくれたのだろう。そう想いを馳せるだけで、ぼくくんがより一層愛おしく見えてしまう。
「それで場所なんだけど、行きたいところとかあるかな?」
「お、大石くんの家は…ダメかな?」
「え、俺の家?」
まったく予想外の提案に、少し思考が止まる。そうか、そう言えば俺たちお互いの家にも行った事が無いんだ。付き合う前は家族構成すら知らなかったし、そうだな。遠出をする前にまずはお互いのことをよく知るべきだ。
「うん、そうしよう。帰ったら遊んでも大丈夫か聞いてみる」
「うん!お家の人が居てもぼくは平気だよ」
「そうか。ならきっと大丈夫だ」
顔を合わせて笑いあう。それだけで胸が震えるほどに幸せだ。こんなにも週末が楽しみになるなんて、やっぱり恋というのは凄い。

「わ、大石くんの部屋すっごい広いね」
「はは、そうかな」
そう、実はなるべく寛げるように模様替えをした。服も今日のためにお小遣いで買った。完全に浮かれすぎだ。今日は家で遊ぶだけ、友達と何も変わらない。分かってはいても、浮かれる心を抑えることはできなかった。けれど、ぼくくんが指摘してくれるだけでかなり報われたな。
「じゃあ、飲み物とか用意するね。寛いでてくれ」
「あ、うん。そんな、お構いなく!」
リビングではお母さんと妹が紅茶を飲んでいた。俺も紅茶にした方が良いかな。そう言えばぼくくんに何が良いか聞くのを忘れてしまった。わざわざ聞きに戻るのも何だかちょっと恥ずかしい。とりあえず紅茶と、オレンジジュースの二つを持って行ってどちらが良いか聞こう。
「秀一郎、このあと二人でクッキーを焼くのだけど、お友達は好きかしら。持って行っても良い?」
「ありがとう。うん、出来上がったら呼んで」


(んなー?!ここで終わりかよー!!!!!!)

ヘルプミーヘルプミーヘルプミー(リボーンのベルのキャラソンの歌詞)

おいおいおいおいミサイルちょっと待ってくださいよ〜!(いっそやるなみたいな森久保のモノマネ)(モノマネだったんか)

ブログ書く事ないよ〜?!どうしよ!!!!!!!!

ーーー俺は、何のためにはてなブログに『新たな一ページ』を刻み込もうとしている…?

大石くんとセックスしたすぎるので 大石くんとのセックスに至る話をします(おいおいおいおいちょっと待ってくださいよ〜!)

大石くんが帰ってたらね 中学一年生の女の子たちが嫌そうな感じで男に絡まれてて

 

やっぱなんか雑談するわ!(なら上の文章を消せ)

おでんの中で何が好き?私はだいこんとちくわぶ!でもぶっちゃけおでんってそこまで美味しくないよね!バカ!おでん食え!おでん美味いだろ でもおでんって夜ご飯とかにするほどの力量は無くない?バーカ、『本物のおでん』を知らねえのか…?(漫画の枠外に小さく書いてある文字:作者はセブンイ◯ブンのおでんが一番好きです(^^))

 

ブオオオオーーーーーン!ぐわー切羽詰まりすぎてブログどころでは無くて自動車になってしまったー!

 

 

なんてことは無いド!八話の片桐いつきくん感想ブログ

ドリフェスくんはルーキーアイドル達がドリフェスというイベントで一位になって正式デビューする事を目指すアニメなんですが(説明)とにかくアイドルという目指すものは私と全く違うキラキラしたものなのに、ドリフェスくんを見てるととても楽しくて人と人がお互いを尊敬していてみんなの倫理観が最高で、胸がどこか切なく締め付けられて、本当に良いものを観れたという気持ちになり、私も頑張りたいと思うようになるんだよね(?)ドリフェスくん 一生続いてくれ…

 

以下ツイートしようと思ったけどクソ長くなったよく分からない八話主体の片桐いちゅきくん…君は…という感じの感想(感想なのか?)でちゅ

 

いつきくんは背が大人より大きくて、安心感があって優しくて、何事においても一生懸命だから、大人や誰かに○○をしなさい!と言われる経験も少なく、頭が良くて柔らかく全てを受け入れ誰かと意見を衝突させることも無かったと思うんですよね。

だからこそアイドルとして最高になりたい自分を突き通して他者と衝突することも厭わない純哉くんと出会って、正面からお前のなりたいアイドルは?と問いかけられた事により、自分のアイドルと大学を両立するという目標への不信感と、ただ一つの目標だけを見つめる純哉くんの強い意志を宿した瞳に焦燥感が湧いて、それはずっと消えないままで、だけどいつきはその気持ちにはっきりとした自覚は無いまま過ごしている。

だけど事務所に奏が加わった事により純哉くんと化学反応が起きて、一人でもアツかった純哉くんがどんどんアツくなって、どんどん先に進んでしまって、自分よりもずっと後からアイドルを目指す事になった奏も気付けば自分よりアイドルとして何歩先も歩んでいて、そして奏くんの瞳には純哉くんと同じ光が宿っていて、純哉くんは衝突しながら奏を認めるようになって、頑なだった慎くんも変わって止まっていた時間が動き出して、ついにはチヅやユヅも自分を置いて歩む道を見つけてしまって、自分もみんなみたいに歩みだしたいのに、行きたい道はちゃんと心の中にあるのに、アイドルと学業を両立したいいつきは「アイドルに全力!」であるけど「アイドル一本!」には出来なくて、それが出来ない自分がみんなの隣に立って良いはずは無いと、誰よりもいつき自身が自分を認めようとしなくて、そんな心境が純哉くんを見る瞳に暗いフィルターをかけていて、そんな感じ(一体なんなんですかこの文章は…)

 

純哉くんと二人きりになってはじめていつきが純哉くんが傷つくかもしれない胸の内を話して、僕はね…僕は…DearDream…KUROFUNE…シンアイなる夢へ…ドリフェスくんは登場人物みんながシンアイなる夢へって自分の夢や相手の夢を尊敬をもって接する話で最高!ドリフェス!!!!!!は最高

(なんだこのブログの終わり方)

今月のテニ王感想〜

もう散々ツイッターで漏らしたから言いたいことは半分くらいしか無いだけど、書いちゃったよ〜 SQ見てないと多分何言ってるかわかんない純粋読者感想ブログです(2時に書いて真面目な内容になれるかな?) とりあえず今ね 世界大会やってて、大石くんと越知先輩vsギリシャのダブルス編をやってるんですね まぁ色々あって日本が有利になるんですけど、そしたらギリシャ側が国を背負って戦ってる責任から、日本の棄権負けを狙って大石くんに故意にボールを当てて、大石くんは二、三回転げて血だらけになって吹っ飛ぶシーンで前月号が終わって今月がその続きで、そして今月号でついに試合の決着が付くという奴なんですね。ちなみに前月号の私の情緒は結構ストームライダーでしたね 

 

 

先月号では中学生と高校生・日本国内と世界の覚悟の違いをまざまざと見せつけられてガガガになったけど、今月号では彼らも高校生なんだ〜…って気付かされて神〜!になったよ 新テニスの王子様の中での主なプレイヤーの最年長は高校三年生だけど、でもそれはテニスプレイヤー全体では若造も若造で、やっぱり青臭いところとか甘いところがある だからこそ勝利をもぎ取れるところとかが良いよね…いやすまんけどゼウスオモロイ ゼウス え?!何々?!?!になるよ〜バリヤバちゃん!?ショタジジイなの?(懐かし単語)

 

大石くん 負けるもんか!のコマで、当てられた方の目は腫れ上がってとても痛々しいんだけど、もう片方の目が続行以外見えていないほど強い目をしているんだよね…すごいよ〜許斐剛先生…大石秀一郎くんの強さを新たな切り口から描いてくださって、もう…毎日ヤバイですよ劣情が(劣情?!) 大石くん…格好良いな…私が大石くんの立場だったら怖いよ〜…ボールを故意的に当てられたらどんなに意志が強くても怖くて堪らないと思うのに…ほんとうにどんな悪意をぶつけられてもその悪意と正々堂々と戦う子なんだな〜と思いました…恐ろしいよね…投げかけた悪意を全てを何も言わずに受け止められるのは、悪意を返されるよりもずっと恐ろしいことなのかもしれないな〜…第2の精神の暗殺者〜…ヘラクレスくんにとって、あの時だけは越知先輩よりも大石くんの方が驚異的だったんだろうな…愚直(大石)なりの戦い方という編集さんの一文も相変わらず神でバリヤバちゃん!?だし…大石くんは日本の母なんだな〜… というか今回の試合は義で世界は獲れるかもしれないってちょっと可能性見せてくれたよね…すごい良い試合だったな〜…

試合終わった後に大石くんがヘラクレスさんにヘラヘラしてるのがもういっそ怖いよ〜 ヘラクレスさんに気を使って我慢してるとかじゃなくて、本当に大石くんは気にして無いんだろうな…大石くん…君のメンタル…かっこいいよ…大石くん…

 

そして僅かなコマなのに黄金の絆がこれでもかというほど表現されてて凄すぎてため息出ちゃうよ〜…汗と傷でベチョベチョの大石くんの手のひらと汗ひとつかいてない英二くんの手のひらのコマが印象的で…なんかすごく良いなぁと思った…黄金ペアはこんなもので挫けるほどの関係をとっくに超えていたんだなぁって思った…ダブルスではない2人は触れ合っていないけど、でも、やっぱり2人は黄金ペアで、格好良いよ〜黄金ペア…

がーまるちょば

ヤァ 
書くこと無いよ〜明日休みなの嬉しい!から書いたんだけど、実は明日土曜日らしいよ 土曜日て土だけどどうした?なんで曜日って土とか日とか月なんですか?オシャレポエムパステル腐女子のセンスじゃんね カワイイよ〜 曜日決めた人偉いね…ヨチヨチ…🎀カワイイから文章内にリボンつけちゃお🎀

好きなふりかけ ゆかり←ゲキシブ!(CBGKシブゲキ!なの?)(うろ覚え)
なんかカメラロールから適当な画像選んでそれについて話すやつするか〜(ウム)

バグで画像選べなかったよ〜 はてなブログたん画像縛りすな 愛し子

ツイート2つ分しかブログ書いてないやんけ!もう人生ではじめて書いたエロ小説の冒頭コピペして字数稼いじゃお!(これが狙いだったろ!)

大石の瞳は嫉妬が渦巻いている。


「タマゴの目は綺麗じゃのう」
桃城と忍足と共にダブルスの秘密特訓をしていた大石と仁王だったが、空も明るくなり、そろそろ起床時間だという頃解散し、今は水分補給にと川の上流の水を二人で調達しに来ていたところであった。

大石は何故いきなりそのような事を言われたのか、それに対し自分はどのように返せば正解なのだろうかと数秒のうち思考にふけったが、夜通し体を動かしていたこともあり、結局ろくに頭が回らないので気の利いた事を言うのは諦めてそのまま世辞返しをすることにした。

「仁王くんの目だって綺麗じゃないか、幸村くんとか…」
大石が発言している途中で言葉を止めたのは、仁王がいつもの企み顔をスッと引っ込め、大石の顎を撫でるように捕まえたからである。

「そうやない。タマゴの嫉妬渦巻くその緑の目を食べたいんじゃ」
「!?」

ニオタン大石くんの目食おうとすな(そうですね本当に)

ミラミラのミランダカー

すかぴ〜という感情

エロい話するわ 何故なら今日はバイトを休んで得た休みの日なので、逆にエロい話をするのは義務なので。あ〜ヤダな〜本当は全然エロい話なんてしたくないのに…義務なばかりにエロい話しないといけないのヤダな〜…寝かせてくれ〜トホホ…(淫魔に好かれて毎夜ラブラブなラノベ主人公)

最近の本誌の大石くんの顔がカワイイよ〜…いや元々大石くんのお顔はガチガチのガチで可愛くてヤバイんですけど…明らかに可愛いと思って描かれてるのでヤバイんだよね チュキカマタ〜…(チュキカマタか〜)
大石くん顔がエロすぎる(カワイイの?エロいの?) 大石くん汗だくなのエロすぎん?大石くん汗かいてアツアツのハフハフのモクモクを常に漂わせててカワイイ 俺が!俺が見てるのにそんな!そんなハフハフして大丈夫だと思ってんのかそんな姿見せて!みたいな感情なるよね 助けて〜 フェーン 大石く〜ん…フェーン現象なるわ爪先からじっくりコトコトと 萌えすぎるあまりに

お腹すいたな〜何食べよかな 絶対牛乳飲みたいよね 牛乳 牛乳〜 牛怪人の使い捨て乳奴隷だから牛乳好き(エロ漫画やめろ) 

昨日中野行ったんだけど大石くんぬいぐるみ無かったよ〜トホホ〜 内部カビり散らかした大石くんぬいぐるみを一生抱きしめて一緒にカビる私の夢物語はいつ叶うんだ?(宇宙でカビて一つになるカップリング)(バカヤロウ大石くんはカビません)早くぬいぐるみの大石くんに夜這いされてかき抱きたいよ ぬいぐるみの大石くんのフニフニの毛羽立った手足をニギニギしながらそれだけで無様に私は写生(故意の誤変換)したいよ フツーにエロ妄想をするな

私はテニ王のキャラがわれは海の子とか雪やこんこんを歌うCDを持ってるんですけど、何で?(唐突) 今聴いてるんですけどね、私は雪やこんこんが好き 赤ちゃんなので「好きな童謡」という概念あっちゃうんだよね 雪やこんこんの歌詞手打ちで書いとくか

雪やこんこ あられやこんこ
降っても降ってもずんずん積もる
山も野原も綿帽子被り
ガレキ残らず花が咲く

雪やこんこ あられやこんこ
降っても降ってもまだ降り止まぬ
犬は喜び庭駆け回り 猫はこたつで丸くなる

雪やこんこ あられやこんこ
降っては降ってはずんずん積もる
山も野原も綿帽子被り
枯れ木残らず花が咲く

雪やこんこんじゃ無いの?!(キツネェ?!?!) 正しい歌詞枯れ木だと思うけど一番目の時の私の感性大切にしたいからガレキ残らず花咲いて欲しいね  まぁ余談だけど私は雪やこんこんの自カプは多分 猫×犬ですね(なんだその余談)

ヤベェ〜はてなブログなのにうたまっぷになっちゃったよ おねむでしゅだから仕方ないね


それでは本日も良い1日をお過ごしくださいませお嬢様方(雑な執事喫茶)ヤホ〜👋

平成の清少納言

(このブログはブラックライトの光に当てないと見えないペンで書かれているのでメッチャしょうもないです)

キシリトールガム美味しい〜 何味?
キシリトールガム作って最初に食べた人、劇薬やんけ!ってならんかったのかな?だってめっちゃヤバくない?口の中ずっとヒエヒエしてるじゃんね 大丈夫なのかな?

早くアロハオエになりたい Aloha Oe←アイフォンくん陽気でカワイイ
今からアイロンビーズの自慢ブログに方向転換しよかな アビブ(アイロンビーズブログ)

特に言うことないよ〜 アイロンビーズの話するって言ってたやんけ!なんですぐ忘れちゃう?アイロンビーズ

ここまで書いて昨日寝たからね(何で?)

クッキーとビスケットだったらどっち好き?私はクッキー クッキーの方が食った時に粒子になってファファファファ…してオモロウマない?いや全然ビスケットもカワイイし名前的にはビスケットの方がタイプ(合コン?)

クッキーのファファファファ…感、分かる?クッキー前歯で砕き即砕いたあたりがファファるあの感じ 好きね クッキーモンスターだから(クッキーモンスターなんだ)

ハァ、ハァ…ブログ書いて疲れた 全部音声認識で書いてるからね。時代の最先端を行くブログを貴方は今見てるんですよ。最早俺自身がSiriだ。みたいな感じだよね。逆にね

まだ500文字しか書いてないよ〜ちょっとしたツイッターじゃんね。さっきから改行ごとの文字数140字以内だしね ツイッターだと思ってるねこれはもう脳がね 優秀すぎるがゆえにツイッターモードに入ってると140字以内に収めちゃうのよね 頭が良すぎる故の悩みのヤツね

口調うざくない?!?!どうしよ〜口調直したいよ〜 敬語使いな敬語!やだよ〜 敬語使うと逆にガチのバカが露呈しちゃうからね ガチのバカて何?って人に解説するとツイッターで「おねむでしゅ」とかいうツイートする人が分かりやすいガチのバカの例だからね 覚えておいてね

明日遊戯王観に行くよ!早くムチャクチャになりたい 遊戯王絵柄カワイイな〜 遊戯王の絵柄 めっちゃカワイイ〜(二回目) そのうち一人ディズニーランド行こうかな ディズニーランドって一人で行ってもアトラクション乗れる?心配だな〜 絶対スプラッシュマウンテンとビックサンダーマウンテン乗ろうね 私あれ好きだもんね 食べ物はどうしようかな トゥーンタウンの床とかで良いかな 逆にね 一人ディズニーランドだからね 早く宵闇に乗じて踊り狂いたいよ いやディズニーランド一人て何?手練れじゃないのに一人で行って大丈夫なん?みんな 一緒にディズニーランド行こうね 白雪姫のバアさんに会いたいよ〜 絶対だよ(二度と平成の清少納言名乗るなヨ)(ブログタイトル回収)

今週のとんかつDJアゲ太郎(6話)イマイチだったな…いや5話が話進んだからね トンカツでいう今回の6話は緑茶みたいなもんだから全然良い 改めて5話マジで感動したな〜 (とんかつDJアゲ太郎の純粋な感想ブログ)